ブログ

特許増毛、3Dエクステの悪循環!?  神戸大阪|育毛発毛女性専門店

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

こんにちは、女性育毛発毛専門サロン代表の松尾です。

 

DSC_2838

 

こんなお客様のご相談がありました。

それは、「増毛をやり続けた結果、逆に薄くなった」というもの。
始めて増毛をした時、地肌を気にしなくて良くなったことでうれしくてうれしくて、段々増毛をする量を増えていき、地毛が少なくなっている感覚が全くなかった。怖くなって増毛する量が増え、当然髪の毛を維持するためのメンテナンスの料金も増えてお金が続かない。

 

やっぱり本音は、「自分の髪を増やしたい」とお話頂きました。

こんなご相談が多いです。
それだけ、増毛されている方が多いということですね。

 

増毛のとってもいい面は

一瞬にしてその日に薄毛の悩みを吹き飛ばす力はあります。

 

 

「うわぁ~あんなに悩んだのが嘘みた~い」と気分が上がります。

精神的に速攻的にいい面も十分にあります。

 

只、根本的な解決はしていませんので

細くなった弱い髪にとっかえひっかえ髪の毛をくくりますので
余計に負担がかかりやすいのは事実でしょう。

 

人間は年々老化するわけですから薄毛で悩んでいない人でも
髪の毛は、自然と薄くなり、細くなりごく自然と年齢を重ねます。

 

薄毛に悩んでいる方は、薄毛になるスピードが
平均的より早いので、髪の毛に負担になる増毛をやり続けることは
自分の毛に負担をかけてかえってよくありません。

 

もし、ど~しても増毛をされる場合には、

「増毛と育毛もセット」でされることです。
増毛は定期的にされるのではなく、

 

育毛することを前提に、増毛で精神的苦痛を和らげながら
育毛生活しることがいいですね。